保育士が転職する理由

###Site Name###

保育士は、保育園の先生で、幼児教育に携わる職業です。


保育士となるには一定の保育教育を受け、国家試験に合格すると保育士となるのですが、実際には採用試験に合格しなければ現場で働くことは出来ません。

多くの保育施設は、私立にて運営が行われますが、保育園は社会福祉法人となっている園が多く、管理は園長や理事長などが行い、実際の運営は自治体主導で行われています。



そのため、理事長や園長をはじめとする保育士の給与もすべて自治体から支払われます。

ある意味保育園で働く人の場合、公務員と同様の概念として考えられるのです。
現在では少子化が進み、保育園の数も少なくなり、また幼保一体改革が進みつつある中で、保育が従来よりも質の高いものとなり、また安定した給与などを考えて、保育園で働く希望者が増えつつあります。
しかしながら、保育士は女性職員が圧倒的に多く、95%が女性であり、そのためか女性特有の問題があるのです。



それが理由で離職率や転職率が高いのも現実でしょう。



上司・同僚・部下の多くが女性で対抗意識やプライドが高い女性は、いじめや嫌がらせも多いです。

どの職場でも職員が多ければ多いほど、人間関係は複雑化するため、色々な問題はあります。

長く働いていれば辞めたくなったり転職したいと考えることも多いでしょう。

ただ、せっかくとった資格で、女性として優位に働ける市場で転職で職業も変わってしまうのは、非常にもったいないことでしょう。